安寧市場
あなたは 78923人目のお客さまです!

適当

非常に鈍足ですがぼちぼちやってます。
前の記事の子はまだツールに慣れてないときに描いたものなのでもう一度描いています。
納得が全然いってなかったです。

デジタルでラフを描くことが僕にとって一番むずかしいのですが、この絵一枚でちょっと慣れました。
だいぶ長い間ラフはアナログだったのですが、SAIの感覚を思い出してきた……(古の記憶)。

さて古の記憶を色々振り返ることもありますが、今は今だから!とやっと吹っ切れかけています。
もう過去の栄光なんて栄光に見えないし、今が一番です。
絵を見せて多くの反応を貰っているわけでもなく、すごい人に褒められたからとかでもないです。
最近は健全に楽しいのですが、それは僕がお絵かきをできているからです。
家事や食事など人並みに自己管理して生活ができているからです。

でもこれは僕が頑張ったからできるようになったわけではありません。
やっぱり人の助けによるものです。

2019年6月くらいから病気の兆候があり、不眠もこのへんから2023年1月まで続きました。
何かが全部切れたかのように、突然あり余る自信がなくなってしまいました。
思いやりの心はほとんどなくなって、大して気にしていなかった自分の悪い部分が具現化していく感覚で、その悪い部分というやつが嫌で嫌で一生卑下してました。
何か褒められてもスカしちゃったりです。「結局オレはクズでワルだからな」って感情がありました。
もうやりたくないな。

↑この絵の頃の調子良さげな11月頃もバグりながら無理やりやってたんでしょうね。
多くのRTやいいねを貰って喜び、貰えなかったら発狂していくという悪いループがあったと思います。

この後相当な黒歴史を連発していく最悪の3年半を過ごすわけですが。。。
もったいなくてたまらん。
過去は栄光でもなんでもないけど、機会損失だけはひどく感じる。

同じ時期にTwitterで絵を載せ始めた人たちは就職してほぼ引退していたり、一部の人はプロのイラストレーターになってたりさまざまですが、僕は僕でやります。
絵がお金にぜんぜんならなくても良いので、趣味として続けていきたいです。
生活に必要なリソースのうちまず犠牲になるのは趣味だから、絵を出せる量なんて全然保証できないですが、かしこくやっていきたいです。もっと絵が上手くなればきっと時間なくても描けるので。。。

ぽんっ
本日はここまで。メッセージどしどし募集中です!
→お題箱でメッセージを送る

へ戻る